ゆたかの芸能実況ニュース ワールドアスリート 気になること 夏に向けてダイエットできるかな? けんたろうの二行ブログ 韓国大好き集まれ 池袋、新宿、キューバ?

2008年07月21日

山本モナに熱視線送るAV業界


 いよいよAVに転身か――。巨人・二岡智宏(32)との不倫スキャンダルが発覚した山本モナ(32)にAV業界が色めき立っている。エキゾチックな美貌(びぼう)に加え、知名度はバツグン。AV嬢に欠かせない資質を備えた“逸材”だからだ。栄枯盛衰が著しいAV業界に新規デビューする女性は年間約1200人といわれる。そのうち8割以上は、レイプや乱交などの「企画モノ」に出演し、1本のギャラは10万〜15万円程度だ。 (ゲンダイネット)
これに対し、モナのようにルックスで売れる「単体モノ」のギャラは1本100万円以上だ。

「企画モノはマニアの嗜好(しこう)性がどんどん過激になっていて、当たり外れが大きい。一方、単体モノはシリーズ化でき、利益が見込める。だから女優のギャラが高い。ノルウェー人の父親を持つモナは、ハーフな顔立ちも魅力で、外国でも通用する。まずヌード写真集で話題を集め、次にAVデビュー。それも最初はセブ島などで撮ったイメージモノで引っ張り、最終段階で男優との激しい絡みモノとくれば、息の長いヒット作品になるのは間違いない。メーカー各社は喉から手が出るほどモナが欲しいでしょう」(AV業界事情通)

 気になるギャラはいかほどか。

「ごく一握りのトップ女優で現在、1本500万〜1000万円。モナの場合も1本1000万円以上は確実です。ギャラとは別に契約金も1億円は下らないハズです」(前出の事情通)

 モナの所属事務所は「AVへの転身の可能性はありません」(オフィス北野)と全面否定だが、何ともモッタイナイ……。
posted by ます at 12:49| 東京 🌁 | TrackBack(0) | 女子アナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。