ゆたかの芸能実況ニュース ワールドアスリート 気になること 夏に向けてダイエットできるかな? けんたろうの二行ブログ 韓国大好き集まれ 池袋、新宿、キューバ?

2006年05月15日

【ほしのあき】ぶっちゃけbQ

「高校生のとき、モデルをしてた友達に『プチセブン』のオーディションに連れて行ってもらったのがデビューのきっかけです。周りは同世代の女の子ばっかりだったし、芸能人になったというよりは、たくさん友達ができてうれしいって感覚でした」

 デビュー後は順調に活躍の場を広げ、広末涼子の後釜として「クレアラシル」のCMに起用されたり、ドラマにも出演していた。ところが、20歳ごろからパタリと仕事がなくなる。約3年間の売れない時代を経て、グラビアには24歳からデビューした遅咲き派。

「あの頃は自分をつくっていたかもしれませんね。無理に女の子ぶってたから、ボロも出ました。今は自然です。おかげで疲れないし、本当の自分をわかってもらえる」

●ぶっちゃけトークの裏ではこんな努力も

 現在29歳のグラビアアイドル。雑誌のアンケートでは並み居るライバルたちを抑えて「好きなグラビアアイドルランキング」第1位に輝いた。人気の秘密は、「ロリエロ隊長」と自称するほどのロリ顔と88センチFカップの巨乳。だが、それだけではない。

「胸の谷間は見られてもいい、というよりむしろ見て欲しいです。もちろん普段着では見せないですけど、仕事では恥ずかしいとは思いません。ドラマでも不自然じゃない程度には見せていきたいなと思っています」

 このサービス精神が彼女の人気の秘密。バラエティーでも、自分の失敗談や貧乏時代をネタにした“ぶっちゃけトーク”を惜しげもなく披露する。

「バラエティーのときは、いつ自分に振られても困らないように、いつも先を読みながら話すネタを考えてる。自分をネタにするのも、そうすれば自分のことをわかってもらえるから」

“天然”とは一味違う“自然派”。活躍の場が広がった今も気取ることがない。

「つい最近ですよ。『芸能人に聞きました』みたいな番組に出るようになって、ああ、私も芸能人になったんだなぁって思えるようになりました。今後も今までどおり自然に頑張っていきます。30歳はすぐ先だけど(笑い)、40歳には結婚して子供がほしいなと思っています」

ビクターエンタテインメント ほしのあき/Portfolio


posted by ます at 12:21 | TrackBack(0) | ほしのあき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。