ゆたかの芸能実況ニュース ワールドアスリート 気になること 夏に向けてダイエットできるかな? けんたろうの二行ブログ 韓国大好き集まれ 池袋、新宿、キューバ?

2006年08月25日

倖田來未、1メロディーで2作!バラードに幸せと悲しみ込める

倖田來未/Chase     (CCCD) セクシー歌手、倖田來未(23)が、1つのメロディーに対して、まったく違う歌詞とアレンジをつけた2作品を10月中旬に、新曲として発売することが24日、分かった。タイトルは「夢のうた/ふたりで…」。女性の恋の運命を両極端に描いたバラード曲で、倖田の発案による企画。作詞から衣装、プロモーションビデオまでプロデュースした倖田は「初めての試みでしたが、幸せと悲しみが表裏一体だってことが表現できた」と自信を見せている。

 異色シングル発売のきっかけは、倖田の一言だった。所属レコード会社によると、当初、新曲は幸せをテーマにしたバラード1曲を制作する予定だったが、6月上旬、倖田が作詞をするため、音源を聴いたところ、「このメロディーなら、幸せと悲しみの正反対の歌詞で創ることができる」とひらめきを口にした。

 制作スタッフも倖田の案に納得し、急きょ失恋の悲しみを綴った「夢のうた」と、愛を育む幸せを優しく歌った「ふたりで…」の2曲を制作することを決めた。

 1つのメロディーで歌詞とアレンジの違う曲を作ったケースは、平成13年にDo As Infinityが、「Desire」「CARNAVAL」を発売しているが、バラード曲では初めて。

 しかも倖田は、ジャケットや中面ブックレットの衣装を提案したり、プロモーションビデオのストーリーなどを企画するなど初の本格セルフプロデュースに挑戦している。

 「夢のうた」は、「花嫁姿で物憂げな表情をすると、いっそう悲しみが表現できる」とウエディングドレス姿に。「ふたりで…」は、「幸せの象徴であるピンクで楽しげに」と、淡いピンクのミニドレスでしっとりと両極端の恋心を表現。これから撮影に入るPVでも倖田が主人公となり、1人の女性の2つの運命を描いた物語風に仕上げる予定で、倖田の発案満載な1枚だ。

 8月上旬に行ったレコーディングでは、かなりのこだわりをみせ、「夢のうた」では、わざと明かりを暗くして、強く切なく歌いあげ、「ふたりで…」は、テンポを落とし、優しく柔らかく歌うなどして、楽曲に魂を吹き込んだ。

 倖田は、「初めての試みでしたが、幸せと悲しみが表裏一体だってことや、同じ女性でもこんなに違う表情をみせるっていうことを、ジャケットやPVでも表現できたかなと思います」と自信たっぷり。激しいセクシーパフォーマンスで“エロかっこいい”が魅力の倖田が、「明と暗」という対照的な女心を、じっくりと歌い上げた珠玉のバラード2曲に注目だ。

posted by ます at 08:58| 東京 🌁 | TrackBack(0) | 倖田來未 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。