ゆたかの芸能実況ニュース ワールドアスリート 気になること 夏に向けてダイエットできるかな? けんたろうの二行ブログ 韓国大好き集まれ 池袋、新宿、キューバ?

2006年09月13日

鶴田真由、クモ役で初声優!“和製ジュリア・ロバーツ”で白羽の矢

【古本】Flash-EXCITING-鶴田真由・広末涼子他 写真集 kn 女優の鶴田真由(36)が、12月23日公開の米映画「シャーロットのおくりもの」(ゲイリー・ウィニック監督)の日本語吹き替え版で声優に初挑戦することが12日、分かった。演じるのはナント、クモ役。とはいっても、米国版では米女優、ジュリア・ロバーツ(38)が声優を務めた重要な役どころで、鶴田も「とてもすてきな女性(クモ)」とアフレコを心待ちにしている。 え? ク、クモ? あの足が8本ある? そんな異色の役で、鶴田が声優デビューする。

 同作は全世界で4500万部を超える米作家、E・B・ホワイト氏のベストセラー児童書を映画化した動物ファンタジー。命の尊さを描いた感動大作で、主演は天才子役といわれるダコタ・ファニング(12)。そして、もう1人の主人公ともいえるのが、鶴田が演じるメスのクモ、シャーロットだ。

 母親のような優しく温かい愛情にあふれたシャーロットは、クリスマスに料理されると知っておびえる子ブタのウィルバーを励まし、牧場の娘・ファーン(ダコタ)を通して、生きるすばらしさを伝えていく。

 米国版では、このクモ役を一昨年11月に双子を出産したジュリア・ロバーツが担当。出産後初の“映画出演”で、母親になったロバーツが、まるで子どもをあやすような語り口で演じ、公開前から話題になっている。

 こんなロバーツに引けをとらない“和製ロバーツ”を探していたところ、白羽の矢が立ったのが鶴田だ。鶴田も平成14年12月に、美術家の中山ダイスケ氏と結婚。子どもはいないが、「シャーロットの持っている優しさや温かさ、そして強さを声に乗せて表現できたら」と気合十分で、日本の配給元UIPは、母親の強さを感じさせる鶴田の落ち着いた声と感情移入のうまさに期待を寄せる。

 間もなく行われる収録が楽しみという鶴田は「シャーロットはとてもすてきな女性。冬休みの家族のイベントとしてごらんいただけたらうれしいです」とさっそくPRにつとめている。

posted by ます at 09:59| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。