ゆたかの芸能実況ニュース ワールドアスリート 気になること 夏に向けてダイエットできるかな? けんたろうの二行ブログ 韓国大好き集まれ 池袋、新宿、キューバ?

2006年11月09日

結婚を考え始めた常盤貴子の悩ましい問題

愛がなければ、生きられない あれから1年3カ月――。常盤貴子(34)に「入籍情報」が浮上している。相手はかねて交際を報じられてきた長塚圭史(31)だ。常盤と長塚の交際が発覚したのは昨年8月。それから1年ほど、特に目立った動きはなく、“深夜デート”をスッパ抜かれたのが今年7月中旬だった。2人は恵比寿のラーメン屋でおいしそうに麺をすすり、ファストフード店でソフトクリームをほお張ったという。「常盤はかつてズルズルと付き合っていたダウンタウンの松本人志との交際にケジメをつけ、長塚に乗り換えたのです。
俳優として活躍する長塚は劇作家や演出家の顔も持っている有望株ですから。しかも彼の父親はあの長塚京三。結婚相手としては申し分ありません。常盤は昨年、社会的な騒動になった事件に絡んで名前が出ただけに、イメージ払拭を狙って長塚に接近しただけだとみられていたのですが……」(芸能リポーター)

 常盤はすでに長塚を芸能界の“育ての親”といわれる恩人にも紹介済みで、結婚する気満々だというのだが……。

「常盤の所属事務所が2人の結婚に猛反対しているというのです。常盤は今年から来年にかけて『魂萌え!』など映画3本、『恐れを知らぬ川上音二郎一座』など舞台2本が控えている。さらに『ロト6』など3社とのCM契約がある。事務所としては“稼ぎ頭”の結婚に気をもんでいるのです」(芸能関係者)

 いまの常盤は30代の“負け犬女”。結婚がパーになるのはつらい。だが、結婚となれば所属事務所にとっては痛手だ。

 売れっ子であることが結婚のネックになっているジレンマをどうクリアするか。常盤にとっては悩ましい問題だ。

posted by ます at 12:26| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。