ゆたかの芸能実況ニュース ワールドアスリート 気になること 夏に向けてダイエットできるかな? けんたろうの二行ブログ 韓国大好き集まれ 池袋、新宿、キューバ?

2007年01月18日

鈴木亜美、07年は歌って演じる!“ドラマ付き”コラボCD発売

 歌手、鈴木亜美(24)が2月28日から3週連続で初のコラボシングルを発売することが12日、分かった。「未だ見ぬ明日」がテーマの3部作で、兄弟デュオ、キリンジらと共演。楽曲には亜美主演のナレーションドラマが収録されており、4週目の3月21日にはドラマを映像化した短編映画付きのコラボアルバムを発売する。昨年、女優業に本格進出した亜美が、今年は歌手との両立を目指す。 歌手と女優を両面を図る3部作発売のきっかけは、亜美の一言だった。


 所属レコード会社によると、亜美は昨年7月に同じ所属事務所の歌手、大塚愛(24)と楽曲「Like a Love?」を共作したことから、一緒に作品を作る楽しさを発見。昨年10月に初主演映画「XX(エクスクロス)」への出演が決まるころにはその気持ちはさらに強くなった。


 「コラボして全く新しい世界観を出したい。演技が音楽に還元できるような形を取りたい」。そう意向を制作スタッフに伝えていたという。


 制作スタッフも亜美の希望を了承。昨秋に急きょ、亜美の可能性を表現した「未だ見ぬ明日」というテーマに、ナレーションドラマを付けた3部作制作を決定した。共演アーティストには兄弟デュオ、キリンジのほか、ロックバンド、Buffalo Daughter、ダンスユニット、THC!!と、今後期待の面々を選んだ。


 亜美はアイドル歌手として人気絶頂期に一時休業。平成17年に3年半ぶりにメジャー復帰し、歌手業を中心に活躍していた。しかし、昨年は映画「虹の女神 Rainbow Song」や「XX(エクスクロス)」(秋公開)に出演し、演技に開眼。「演じることで、歌でも自分の内面や本当の気持ちを表現できるようになった」と、今年は歌手業と女優業の両立を目標に掲げている。


 そんな新境地を表現する3部作。亜美は「さまざまなフィールドで活躍されているアーティストやクリエーターの皆さんと共演させていただいて、今までの私にないすてきな味付けになってます。どんな味に仕上がるのか私自身が一番楽しみです」と自信を見せる。今年は1回りも2回りも大きく成長した亜美が、話題を集めそうだ。

posted by ます at 12:05| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 歌手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。