ゆたかの芸能実況ニュース ワールドアスリート 気になること 夏に向けてダイエットできるかな? けんたろうの二行ブログ 韓国大好き集まれ 池袋、新宿、キューバ?

2007年04月10日

“なごみ系”安 ホラーで映画初主演


 タレントの安めぐみ(25)が映画に初主演する。作品は、7月28日公開のホラー「こわい童謡【裏の章】」(監督福谷修)。“なごみ系”のキャラクターで人気の安が、独自の推理で恐怖現象の真相に迫るしっかり者の音響分析官役に挑む。
http://www.yasu-megumi.com/
「演じていてとても楽しいと感じられた」とすっかり女優業にはまった様子だ。

 おっとりしたキャラクターと愛くるしい笑顔で、バラエティー番組やグラビアに引っ張りだこの安が、本格的に銀幕進出する。


 映画はこれまで「恐怖学園」(01年)、「深紅」(05年)などに出演したが、どれも登場シーンが少ない役どころ。ドラマでは05年に放送されたテレビ東京「いちばん暗いのは夜明け前」の第6話にゲストで主演したが、映画での主演は今回が初めてだ。


 5年前に合唱部員12人が惨殺され、廃校になった女子高が舞台。深夜に校舎から童謡を歌う声が聞こえるという近隣住民の証言があり、安は、その謎を解明するテレビ番組の収録に同行する音響分析官・響子を演じる。独自の推理で事件の真相を解明する、賢くしっかりした女性だ。


 福谷修監督(39)は、安をイメージしながら脚本を執筆したといい「バラエティーの彼女のイメージと一見ミスマッチですが、そこにも作品の上での仕掛けがあります。見終わった時には新たな魅力に気付くはず」と自信を見せている。


 今年2月に、埼玉県内の廃校などで撮影。絶叫するシーンなどにも挑戦し「いつもはホラー映画を見ると、怖くて見た後に後悔したりするんです。でも、今回は作り手としてどうやって怖くするかを考えたり、演じていてとても楽しいと感じられました」と手応えを感じたようだ。

posted by ます at 07:45| 東京 ☔ | TrackBack(0) | グラビア美女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。