ゆたかの芸能実況ニュース ワールドアスリート 気になること 夏に向けてダイエットできるかな? けんたろうの二行ブログ 韓国大好き集まれ 池袋、新宿、キューバ?

2007年04月17日

安田美沙子 イメージチェンジで勝負をかける京女


 和み系グラビアアイドルの安田美沙子(24)が大攻勢をかけている。初のフォトエッセー「ミサコ キョウヘ ノボル」を10日に発売。故郷の京都を舞台に秘蔵のプライベート写真を公開し、生い立ちから恋愛に至るまで、自慢の京都弁で赤裸々につづっている。 また、同じ10日にコンビニエンスストア「ampm」のキャンペーンもスタート。安田は「カラダにキブンにイイコトクラブ」のイメージキャラクターとして、春の新商品の宣伝を行う。

「昨春、安田がイメージキャラクターを務めていたアイフルが業務停止処分を受け、CMは放送中止に追い込まれた。オンエア数が多かった分、露出が激減し、安田のイメージは一気にダウンしてしまった。ほとぼりが冷めたこの春、一大PRに打って出る作戦です」(芸能リポーター)


●アイフルショックで露出が激減

 14、15日はレギュラー、ゲスト合わせて6本のテレビ番組に出演。20日には同じ所属事務所の熊田曜子と共演したDVD「Love trip」、25日にもDVD「みちゃこと行く京都の旅」をリリース。28日には映画「荒くれKNIGHT」も公開される。トーク&握手会などイベントも目白押しだ。

 イメージチェンジのため、安田は必死だ。今年1月からスタートした競馬情報番組「うまなで」(フジテレビ)では、競馬知識ゼロの状態でMCを引き受けた。

「彼女はまったくのギャンブル素人でしたが、今では暇さえあればスポーツ紙の競馬面を熟読し、データ分析と直感で毎週必ず馬券を購入している。今のところ結果はイマイチですが、安田のはんなりした京都弁に癒やされる視聴者が続出中です」(テレビ関係者)

 北海道生まれの京都育ち。二卵性双生児の弟がいる。中学・高校時代はバスケットボールに没頭していたが、大好きな英語を生かしたいと、摂南大学国際言語学部英文科に入学。夢は空港勤務のグラウンドホステスだった。


●3年間“男断ち”を通す

 大学進学直後の4月にスカウトされて、「ミスヤングマガジン2002」でグラビアデビュー。仕事のたびに京都から新幹線で往復6時間かけて上京する生活を続けた。

 03年秋からオンエアが始まったアイフルのCMで人気に火が付き、遠距離通勤もままならぬほど多忙になり、翌春、単身上京した。

「見た目はほんわかしてるが、芯が強くて頑固な性格です。デビューする時は故郷の彼氏にキッパリ別れを告げ、“3年間は仕事だけ。男をつくらずに頑張る”と宣言しました」(スポーツ紙記者)

 言葉通り、初ゴシップはデビュー4年目の昨秋。映画「ルナハイツ」で共演した柏原収史とお互いの家を行き来する熱愛が発覚した。デビュー時の“誓い”を守ったわけだ。

 その意志の強さがあれば、イメージチェンジも成功まちがいなし?

posted by ます at 11:48| 東京 ☔ | TrackBack(0) | グラビア美女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。