ゆたかの芸能実況ニュース ワールドアスリート 気になること 夏に向けてダイエットできるかな? けんたろうの二行ブログ 韓国大好き集まれ 池袋、新宿、キューバ?

2007年05月06日

メイサのロック“悪ガキ”に響け


 女優の黒木メイサ(18)が歌に初挑戦した。映画「クローズZERO」(監督三池崇史)でライブハウスで歌うヒロインを演じ、劇中でオリジナルの2曲を披露。約200人のエキストラを集めた本物さながらのライブシーンの撮影を終え「気持ちよく思いっ切り楽しみました」と笑顔を見せた。 04年につかこうへい氏(59)の舞台でデビューして以来、女優としてだけでなく、モデル、アニメの声優など幅広く活躍してきた黒木が、また1つ才能を開花させた。


 不良少年たちの抗争を描く作品で、主要キャストでは紅一点で出演。演じるのは主人公の滝谷(小栗旬)が好意を寄せるヒロインのルカで、ライブハウスで歌う美少女という役どころだ。


 4月下旬に、大阪・梅田に建設されたセットで撮影。約200人のエキストラが集まる中、作品の中盤に登場するロック調の楽曲と、クライマックスで使用するバラードの2曲を熱唱。ロックのシーンではダンサーを従えて得意のダンスも披露し、実際のライブのような熱気と盛り上がりを見せた。


 関係者によると、黒木は音楽鑑賞は好きだが、カラオケに行くことはあまりなく、人前で歌うことはめったにない。それでも、撮影に向けて数週間レッスンを積み、撮影時にはスタッフが「本当にメイサちゃんが歌っているの?」と驚くほどの歌唱力だったという。


 黒木は「初めて人前で歌やダンスを披露しました。今までの撮影や舞台で人前に立った時とはまた違う緊張感もありましたが、エキストラの皆さんもすごく盛り上がってくれて、気持ちよく思いっきり楽しみました!」と出来栄えに大満足のようだ。今秋公開。

posted by ます at 09:25| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。