ゆたかの芸能実況ニュース ワールドアスリート 気になること 夏に向けてダイエットできるかな? けんたろうの二行ブログ 韓国大好き集まれ 池袋、新宿、キューバ?

2007年06月02日

チャンバラ映画でイメチェンを図る綾瀬はるか


 綾瀬はるか(22)が主演映画「ICHI」を撮影中だ。この作品は一言でいうと、女版の座頭市物語。綾瀬は盲目で居合の達人の主人公を演じ、大沢たかお、中村獅童、松方弘樹など実力派が脇を固める。メガホンを取るのは「ピンポン」の曽利文彦監督で、来年公開予定だ。

 ストーリーは女座頭市が旅先の町で無法者のヤクザ(中村)と対決するというもの。抗争に巻き込まれる浪人を大沢が、座頭市にくみするヤクザを松方が演じる。

「ロケは5月中旬に山形県の庄内映画村でスタートしました。綾瀬はヌードにこそならないものの、荒くれのヤクザ者たちに襲われる色っぽいシーンもある。本人はやる気満々で、殺陣の稽古も必死でやったと聞いてます」(映画記者)

 綾瀬は若手女優としてドラマや映画で活躍中だが、昨年の秋ドラマ「たったひとつの恋」が平均視聴率11.6%と不調だった。そのため同世代の長澤まさみや沢尻エリカらに大きく水をあけられてしまった印象が強い。「だからこそ彼女のスタッフは座頭市をやらせたのでしょう」と言うのはベテランの芸能マネジャーだ。

「これまで綾瀬はお嬢さまタイプの役が中心で、おとなしい“没個性”の女優だった。だけど座頭市をやれば格段に演技力がつくし、イメージが一新する。7月スタートの連ドラ『ホタルノヒカリ』でも恋愛に縁のないぐうたら女の役で初主演するなど、“演技派”に脱皮させたいという関係者の意欲を感じます」

 いずれ話題作になることは間違いない。綾瀬の新たな挑戦は成功するか。
posted by ます at 16:42| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 綾瀬はるか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。