ゆたかの芸能実況ニュース ワールドアスリート 気になること 夏に向けてダイエットできるかな? けんたろうの二行ブログ 韓国大好き集まれ 池袋、新宿、キューバ?

2007年06月24日

この人に直撃! 穂花(女優)


 今回はAV界トップ女優の登場だ。04年にデビューするや、抜群のスタイルと美貌でたちまち頂点に上り詰めた。07年度日本アダルト放送大賞の女優大賞を受賞。テレビの深夜ドラマでも活躍中の穂花(24)が今度は待望のスクリーンデビューを果たした。 (ゲンダイネット)
≪ひきこもりに挑戦≫

 公開中の新作映画のテーマは、なんと、ひきこもり。人気漫画家・山本直樹原作の「テレビばかり見てると馬鹿になる」(ポレポレ東中野でレイトショー)で、ひきこもりの主人公・有紀を演じている。

「とっても難しい役でした。だって私の周りにはひきこもりの人がいないので、どうしても普通の人のリアクションをしてしまう。監督さんには“感情を表に出さないで”“もっと気持ちをラクにして”とずいぶんダメ出しされちゃいました」

 これまでの作品より明らかに“露出”が少ないのがちょっと残念。

「たしかにヌードのシーンは少ないですが、ファンのみなさんには、真面目な役に集中している私もぜひ見てもらいたいですね」


 前述の通り、07年度の日本アダルト放送大賞で女優大賞を受賞した。

「最初に出演したのがVシネの『鬼畜学園』。まだアダルトビデオもやってない頃で、恥ずかしかったぁ〜。演技の勉強なんてしたことないし、私って凄い上がり性で、もちろんセリフは棒読み。出来上がりを見た時に、“私って女優に向いてないナ”って思いましたモン」

「演技」もそうだけど、「艶技」もさぞかし難しかったのでは?

「この世界って絡みについては監督さんが“もっと声を出して”とか、ああしろこうしろと指導することってあまりないですね。“もう知ってるでしょ”ってカンジで。だから私も、いつもヤッてる通り……。でも、周りに音声さんも照明さんもいて、股の下にはカメラマンさんもいるって、いつまで経っても恥ずかしいですね」

 7月24日から「透明人間レディ」で初舞台初主演(池袋シアターグリーン)にも挑戦する。

「テレビも舞台もいろいろやりたい。どこで花が咲くか分からないから」


≪アダルト大賞受賞≫

●自己分析 飽きっぽい・わがまま。「でも、気さくだよ」

●特技 友人・知人のモノマネ。

●好きなブランド クロエ、グッチ。


≪目標の女優は飯島愛≫

●得意料理 和食。「何でも挑戦します」

●自慢のペット 犬3匹。「すごい可愛いよ」

●目標の女優 飯島愛さん。「だって、アダルト出身の大先輩ですから。でも、会ってみたいのは中谷美紀さん。カッコいい!!」


≪テレビ≫

 ビデオや映画ばかりか、テレビの世界でも活躍している。

「下北GLORYDAYS」や「クピドの悪戯」(いずれもテレビ東京)などだ。

「当然かも知れないけど、アダルトの世界とは全然違うんですよね。AVでは“絡みをどう見せるか”が大切ですが、テレビはなんといってもセリフ。最初は全然できなくて、面接で私を選んでくれた監督さんのクビがヤバイっていうぐらいヘタでした。今はなんとか……なってるかナ?」


≪経歴≫

 1983年生まれ。地元の高校を卒業後、上京し、2年半、都内の病院で看護師をしていた。そこからビデオの世界とは変わった経歴だが、「ちょうどスカウト事務所に知り合いの人がいて、誘われたんです。“ウワッ、これはよく聞く場面だ。だまされてる!!”とも思ったけど、せっかく東京に出てきて、もうちょっとハッチャけたいという気持ちもあって、飛び込みました」。
≪ひきこもりに挑戦≫

 公開中の新作映画のテーマは、なんと、ひきこもり。人気漫画家・山本直樹原作の「テレビばかり見てると馬鹿になる」(ポレポレ東中野でレイトショー)で、ひきこもりの主人公・有紀を演じている。

「とっても難しい役でした。だって私の周りにはひきこもりの人がいないので、どうしても普通の人のリアクションをしてしまう。監督さんには“感情を表に出さないで”“もっと気持ちをラクにして”とずいぶんダメ出しされちゃいました」

 これまでの作品より明らかに“露出”が少ないのがちょっと残念。

「たしかにヌードのシーンは少ないですが、ファンのみなさんには、真面目な役に集中している私もぜひ見てもらいたいですね」


 前述の通り、07年度の日本アダルト放送大賞で女優大賞を受賞した。

「最初に出演したのがVシネの『鬼畜学園』。まだアダルトビデオもやってない頃で、恥ずかしかったぁ〜。演技の勉強なんてしたことないし、私って凄い上がり性で、もちろんセリフは棒読み。出来上がりを見た時に、“私って女優に向いてないナ”って思いましたモン」

「演技」もそうだけど、「艶技」もさぞかし難しかったのでは?

「この世界って絡みについては監督さんが“もっと声を出して”とか、ああしろこうしろと指導することってあまりないですね。“もう知ってるでしょ”ってカンジで。だから私も、いつもヤッてる通り……。でも、周りに音声さんも照明さんもいて、股の下にはカメラマンさんもいるって、いつまで経っても恥ずかしいですね」

 7月24日から「透明人間レディ」で初舞台初主演(池袋シアターグリーン)にも挑戦する。

「テレビも舞台もいろいろやりたい。どこで花が咲くか分からないから」


≪アダルト大賞受賞≫

●自己分析 飽きっぽい・わがまま。「でも、気さくだよ」

●特技 友人・知人のモノマネ。

●好きなブランド クロエ、グッチ。


≪目標の女優は飯島愛≫

●得意料理 和食。「何でも挑戦します」

●自慢のペット 犬3匹。「すごい可愛いよ」

●目標の女優 飯島愛さん。「だって、アダルト出身の大先輩ですから。でも、会ってみたいのは中谷美紀さん。カッコいい!!」


≪テレビ≫

 ビデオや映画ばかりか、テレビの世界でも活躍している。

「下北GLORYDAYS」や「クピドの悪戯」(いずれもテレビ東京)などだ。

「当然かも知れないけど、アダルトの世界とは全然違うんですよね。AVでは“絡みをどう見せるか”が大切ですが、テレビはなんといってもセリフ。最初は全然できなくて、面接で私を選んでくれた監督さんのクビがヤバイっていうぐらいヘタでした。今はなんとか……なってるかナ?」


≪経歴≫

 1983年生まれ。地元の高校を卒業後、上京し、2年半、都内の病院で看護師をしていた。そこからビデオの世界とは変わった経歴だが、「ちょうどスカウト事務所に知り合いの人がいて、誘われたんです。“ウワッ、これはよく聞く場面だ。だまされてる!!”とも思ったけど、せっかく東京に出てきて、もうちょっとハッチャけたいという気持ちもあって、飛び込みました」。
posted by ます at 16:24| 東京 ☔ | TrackBack(1) | 女優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

祝!ど-てい卒業しました!
Excerpt: 西川先生みたいな女の人に37マモナ買ってもらえました! 
Weblog: けいた
Tracked: 2007-07-02 00:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。