ゆたかの芸能実況ニュース ワールドアスリート 気になること 夏に向けてダイエットできるかな? けんたろうの二行ブログ 韓国大好き集まれ 池袋、新宿、キューバ?

2007年08月20日

秦みずほ「ドラッグ恐怖感」…「Tokyo−Real」主演


 「イエローキャブオーディショングランプリ」のタレント・秦みずほ(17)が、18日公開の「Tokyo−Real」に初主演している。同作は、口コミで300万アクセスを突破したRYU(23)原作のケータイ小説。ドラッグにはまっていく女子高生役を体当たりで演じた秦は芸能界入りして3年目。「薬は怖いものだと改めて恐怖感を覚えた」といい、「自分には関係ないのではなく、危険と隣り合わせ。問題の深刻さを痛感した」と、同世代へドラッグの危険性を訴える。

 この8月には初舞台も経験し、着々と女優としての階段も上がっている。将来「存在感のある女優になりたい」。グラビアの仕事を継続しながら、演者としての飛躍も狙っている。
posted by ます at 08:42| 東京 ☁ | TrackBack(0) | グラビア美女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。