ゆたかの芸能実況ニュース ワールドアスリート 気になること 夏に向けてダイエットできるかな? けんたろうの二行ブログ 韓国大好き集まれ 池袋、新宿、キューバ?

2007年11月17日

「笑うつもりで買ったら…」 「麒麟」田村100万部の秘密


お笑いコンビ「麒麟」の田村裕さん(28)が、中学生時代に一家離散しホームレス生活を余儀なくされた経験などをつづった「ホームレス中学生」(ワニブックス)が、が、発売2ヶ月でミリオンセラーを記録した。タレント本としては異例の売れ行きで、一部には「ギネス申請も検討」という声もあがる。人気の秘密はどこにあるのだろうか。 (J-CAST)



発売2ヶ月あまりでミリオンセラー入り
「ホームレス中学生」は、田村さん一家が住んでいた自宅マンションが差し押さえられ、父親が「解散!!」と言い放って蒸発、一家は離散し、田村さんが1ヶ月近く公園でホームレス生活を送ったエピソードを中心につづったものだ。子どもたちの襲撃に遭ったり、体を洗うときには雨をシャワー代わりにしたこと、食べ物に困って雑草や水に濡らした段ボールを食べたことなどが披露されている。

07年9月3日に発売されたが、版元であるワニブックスの広報担当者によると

「今日(11月12日)の12回目の増刷で、110万部です」
とのことで、発売からわずか2ヶ月あまりでミリオンセラー入りを果たしたというのだ。ここ10年あまりのミリオンセラーとしては「五体不満足」「バカの壁」「国家の品格」などがあるが、いずれも100万部を突破するまでには、発売から4ヶ月かかっている。同社では、

「ここ10年の記録を調べた限りでは、(ミリオンセラー到達まで)2ヶ月というのは、ノンフィクションの分野としては最速なのでは」
と話している。また、11月12日のデイリースポーツでは、この「スピード記録」について

「関係者は、ギネス世界記録として申請を検討」
と報じているが、同社でもJ-CASTニュースに対して、

「そもそも(ギネスブックに申請することが)適切かどうかを含めて、調査を始めたところです」
と、「下調べ中」であることを明らかにしている。

「現代でも、こんなに貧しい状況が」と驚く
この異例の売り上げの背景については、

「通常の『タレント本』では、お買い求めになる方はファンがほとんどなのですが、それ以外の層からも幅広くご支持をいただいているようです」
と話す。具体的には、口コミで評判が広がったことや、アマゾンの書評欄で

「笑うつもりで買ったら、案外泣けました」
といった、好意的な声が多数寄せられていることがある。

支持層は相当広いようで、学校図書館からの注文が相次いだり、終戦直後の食糧難を経験したシニア層から「現代でも、こんなに貧しい状況があることに驚きました」という手紙も多数届いているという。

さらに、映画化やドラマ化も検討されており、同社では

「年内の正式発表を目指しています」
と話している。いわば、「ほぼ本決まり」といった様子で、しばらくはブームが続きそうだ。
posted by ます at 17:59| 東京 ☀ | TrackBack(0) | お笑い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。